ヨット履歴

Y15 
三浦海岸に陸置

ヴァイキング22 
宮崎県日向市に係留
宮崎から関門海峡より日本海に出て、北海道を1周して石巻まで周航

52f ケッチ
スペインマジョルカ島に係留、西地中海を周航
イタリアのサルジニア島へ クルーズ。

39fケッチ
マジョルカ島よりジブラルタル。カナリー諸島・
大西洋を横断してマルテイニーク島にクルーズ

31f スル−プ
ヤマハ31 フェスタ
終活・克のためのヨット
瀬戸内・九州クルーズ予定









ヨット天測のページへ

ヨットクルージングサイト

終活・克のヨット









ヨット・YACHTS


辛坊さん乗船のヨットが救助される

辛坊さん救助と飛行艇と紅の豚と救助費用

辛坊さんとヨットの冒険

ジャポニスムと日本人女性ヨットマン

辛抱さんと船検

電波料と電波の有効利用

拉致国連報告とヨット

地文航法

天文航法

いつまでもクルーズは続かない

ヨットマンの究極の選択


37年前の日本周航


揚陸艦おおすみの事故報道

富裕層の責務

太陽がいっぱい

低欲望社会とヨット

終活・克のヨット

地方でヨットを持つ

セルフマリ−ナ

デイセーラーより就活・克ヨットへの改造

ヨットのための海の駅





































































































































































































































































































































































































































































































































瀬戸内・九州ヨットクル−ズ

地方でヨットを持つ

デイセーラーより就活・克ヨットへの改造

ヨットのための海の駅












































































































































































































































西洋横断クルーズ



愛艇 速魚 建造記

オールドセーラーの夢と航海

 地中海クルーズ

ヨット・ボートの改革へ

輸入代行のページへ

商船のページへ

瀬戸内・九州ヨットクル−ズ

地方でヨットを持つ

ヨットのための海の駅

セルフマリ−ナ

デイセーラーより就活・克ヨットへの改造






























































































































































































































































































































































































































































































西洋横断クルーズ



愛艇 速魚 建造記

オールドセーラーの夢と航海

 地中海クルーズ

ヨット・ボートの改革へ

輸入代行のページへ

商船のページへ

瀬戸内・九州ヨットクル−ズ

地方でヨットを持つ

ヨットのための海の駅

セルフマリ−ナ















































































































































ヨット・YACHTS


ヨット天測のページへ
ヨット

 ヘンデル      水上の音楽

http://www.bing.com/videos/search?q=%e6%b0%b4%e4%b8%8a%e3%81%ae%e9%9f%b3%e6%
a5%bd+%e3%83%98%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%ab&qpvt=%e6%b0%b4%e4%b8%8a%e3%81%
ae%e9%9f%b3%e6%a5%bd+%e3%83%98%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%ab&FORM=VDRE#view=
detail&mid=360547F7A443E0297E0B360547F7A443E0297E0B

 イングリシュコンソート


 ヨット天測のページを分離新設しました。 ヨット天測のページへ


  ヨットクルージング関係は   http://gby.sblo.jp/ 左記専用サイト
                           まで
 
    









 

    辛坊さん乗船のヨットが救助される


 辛坊さんと盲目のセーラーさんが無事救助されました。良かったです。
4mの波高のなか、飛行艇の性能限度ギリギリで着水救助をしていた
だきました。ありがとうございます。このヨットは神戸震災の前だったの
で大分経ちます、オーナーが寛平さんのマネージャーをしているときに、
私が輸入のお手伝いをしたヨットです。
 寛平さんの時はパートナーがアメリカ大陸横断の陸送やフランスから
日本までの船積み手配の仕事をいたしました。今回はこの事故が起き
るまで、出発の時期さえ知らずに、何もお手伝いすることはありません
でした。
 ヨットで大西洋の横断をしたことがあります。ヨットでの横断などは、
時期・航路とヨットを選べば冒険とは程遠く、返ってあとでダイエットを気
にしなければならないような楽しい旅行のひとつです。ただし途中注意し
なければならないのは、他船との衝突、今回のような浮遊物の衝突、
操船者の落水です。浮遊物に関しては半潜水で波間に見えないタイプの
コンテナーとか沈木もありますので、避けようのないものもあります。
クジラとの衝突もコワイです。日本からアメリカへの横断は台風を避ける
ため梅雨時期のこのときしかありません。セオリーどうりでした。寛平さん
の時は冬の1月でしたので、難しい時期でしたので。これは冒険でした。
浮遊物は夜は目視できませんので、夜だと防ぎようはないです。運が
悪かったので、またチャンスがあったらトライできるといいですね。

       
               飛行艇 US-2

                                            2013-6-22


   






   辛坊さん救助と飛行艇と紅の豚と救助費用


 波高4mのなか、性能限度ぎりぎりで自衛隊の飛行艇”US-2”
により辛坊さんらは救助されました。アニメの紅の豚はご覧になったと
思います。第1次大戦と第2次大の間の短い期間に、飛行機の発達史
のなかで飛行艇は注目される時期がありました。宮崎さんは見事に表現
されましたね。お台場に2式大艇が展示されていいたときに実物を見ま
した。これは川西飛行機という会社の製造です。2式大艇は優秀な機体
として当時評価されています。戦後は新明和工業となり;US-1;今回の
”US-2”の飛行艇を開発しました。今日の株式で新明和
は5%ほど上げています。値上がりは今日だけでしょうが。
 世界で戦後に飛行艇を製造しているメーカーは3社しかなく、US−2;
は最高性能ということです。それはニッチな市場で、日本には歴史があっ
たということでしょう。インドが欲しがっているという話ですが、軍事製品の
輸出は禁じる国策をとっており、実現しておりません。小笠原への航空便
として、世界遺産を壊す飛行場も作らなくていいので、利用が考えられまが、
コストを無視した軍産品ですので、高価なことがネックのようです。
 辛坊さんの救助でも分りましたが、保安庁の船では距離があると数日か
けて、救助現場に到着です。飛行艇の有用さが分りました。
 救助費用の問題が言われています。たまたま辛坊さんが有名人であり、
支払い能力がありそうなので言われるのでしょう。海難救助費用に世界
で請求されるケースはありません。山の遭難でも公的機関のヘリコプター
利用でも無料のようです。世論が許さないというのなら、世界で稀有な法律
制定をすればいいでしょう。国際海難救助協定との整合性も求められます。
 かってトルコがイランの日本人救出のために、日航が飛行機をださない
のに、飛行機を飛ばして救出してくれたことを思い出してください。明治の
時代にトルコの軍艦が潮岬で遭難しました。その時に地元の人々の必死
の救出作業を今でもトルコの人々は感謝していて、恩返しということでした。
 海難ということには文化的なこともあるようです。友人がカリブ海で、
ハリケーンにより自分のヨットが80mも飛ばされて陸の上にのし上げたこと
がありました。見事に艇内の備品は持ち去られました。スペインのマジョル
カ島でも海岸に打ち上げられたヨットから備品を持ち出す人々を実際に目撃
しました。日本ではこのような事態はは考えられませんね。
我が国には文化的にもトルコの海難のように先人がなしえた貴重な遺産が
ありますので、大事にしたいと思っております。


 紅の豚に流れていましたという。
 ラベル  亡き王女のためのパバーヌ  演奏 ギターによる 7分
 https://www.youtube.com/watch?v=7AXLyhzTFwE&list=RDoUpjlmj-cMc&index=10

             演奏 アレッサンドロ指揮  オルケストラ ウニミ  7分
 https://www.youtube.com/watch?v=X6A96yQO82I
                    
      ピアノ演奏  横内愛弓     7分
 https://www.youtube.com/watch?v=UmeoGEAhPQw


        2013-6-24





    







   ; 辛坊さんとヨットの冒険


 今日は関東の梅雨明けです。この今日のこの日に、日本より太平洋
横断の出港を選べば、天候的には最もよい判断といえましょう。台風
を航海中に避けるのがプランのなかでの最重要事項だからです。寛平
さんの時は真冬の日本出港でしたので、正気の沙汰ではなかったですね。
でも天候とそれによる航路選択は専門家がついていましたので、無事
冒険をやりとげました。今回も辛坊さんには天候アドバイザーがついて
いたと、思われます。
 ヨットのロングクルージングではアメリカから日本に来るような、西回り
の航路選択が、東回りの航路をとるより、3倍易しいと言われています。
貿易風や海流をうまく利用できるからです。気象学的に大陸の東側は
低気圧の発達する海域であり、厳しくなります。それゆえに日本からだと
小笠原までが厳しいといわれています。辛坊さんは1000キロ余り日本より
離れたので、くじらにぶつかりさえしなければ、確実に成功したでしょう。
時期的にも冒険ではなかったので、富士山登山で運悪く落石にあたった
ようなものでした。ヨット乗りでは最近はホーン岬を回るようでないと、
冒険といわなくなりました。商船の世界でもそれをまわった船員は人と話
す際にはテーブルの上に足をかけて応対できるといいます。
 暗視装置が発達してきたので、それをもって夜間の当直に海を眺めて
いて、どれほど衝突を避けることができるか未知数です。使った報告も、
それが役に立ったという話も耳にいたしません。100分の1ぐらいの確立
でぶつかったのはないかと思っております。
これにこりずに、辛坊さんたちは再チャレンジしてください

              2013-7-21


  ヨットクルージング関係は  http://gby.sblo.jp/ 左記専用サイトまで 









   ジャポニスムと日本女性ヨットマン


 ジャポニスムは19世紀後半から20世紀初めにフランスなど欧州で、
浮世絵や工芸品が文化的に影響を与えたことを言います。そのせい
か、フランスでは今でも日本に対して興味が続いているせいでしょうか。
1970年代の頃に仏のヨットメーカーがサムライやミカドの名前でプロダ
クションヨットを売っていました。欧州のマリーナでも艇名に日本名をつ
けたものが見られます。ウチで輸入した米国ヨットでOYABUNというのが
ありましたが、これは悪い影響です。  日本が最も尊敬の気分で受
け入られている国はフランス/トルコ/ポーランドでしょう。これらと同盟を
結ぶべき..また本題と離れました。
 統計データを知りませんが、日本女性はフランス人と最も結婚している
のではないかと思っています。自分のヨットを地中海のマリーナに置いて
いたので、そこで多くの仏人とのカップルを見ました。 マジョルカ島から
ジブラルタル・カナリー諸島を経て大西洋横断してヨットでカリブ海のマル
テイニークに行きました。そこでも多くの仏人と結婚した日本女性ヨットマ
ンと会いました。これは日本男性ロングクルーズヨットマンは日本女性に
負けたなと思いましたね。日本在住の冒険女性ヨットマンは今給黎さん
など2-3人の少数しか知りませんけれど。国際結婚をしている女性のヨット
マンは多いようです。
 仏人は地球のあちこちに海外県が散らばっており、長距離クルーズす
るのには理想的なうらやましい環境が整っており、おまけに気軽にヨット
を手に入れています。冒険と言わなくても連れ合いと楽しくヨットを楽しん
でいる日本女性ヨットマンが多いということになります。桶屋が儲かる式
のジャポニスムと日本女性ヨットマンでした
                               
                      2013-10-2

   ヨットクルージング関係は  http://gby.sblo.jp/ 左記専用サイトまで 







    辛抱さんと船検


 辛抱さんがヨット雑誌の舵誌で、私は船検の味方だと書かれています。
事故で救助され、その後さまざまな有名税をお支払になった方ですので、
本人的には納得の見解なんでしょう。通常生活に復帰されたので、
そんなに逆風を受けてないと思いますが、公的救助された贖罪のおつも
り発言なんでしょうね。
 そのコラムには、彼はイーパブは使用できず、非常持ち出し袋にいれ
ておいたVHFで飛行艇と交信して役立ったと書いています。
 今年輸入代行でお世話したボートには日本製のレーダー・GPS.魚探・
チャートプロッターなどを一つに統合した機械を積んでいました。でも日本
近海のチャートカードを購入するためには、レーダーの設置認定を受け
なければメーカーは販売しません。費用的に新しくGPSを買ったほうが
安い場合もあるので、判断はオーナーさんにおまかせました。固定の
VHFは欧米では必須で2台積んでいる中古艇もよくあります。無線も免許
や設置許可など欧米と比べれば大いに規制の違いがみられます。買っ
た時に入っているはがきに記入すれば使えるシステムに欧米はなって
います。器具認定だ許可だ免許だと言っていますので、日本では役に
たつものが高価で普及せず艇の安全に貢献しない現状ですね。
 寛平さんの時に遠洋の船検をとるには莫大な費用がかかったと思い
ます。輸入のお世話をしましたが、船検はオーナーさんでやられました。 
救命いかだやイーパブ・無線器具には海外でコンパクトにできていて安い
ものがたくさんあります。日本では船検に通らないものが多いです。かっ
ては船燈で上級のJGのマークのある海外製品もJCIのために取り替えた
ケースもありました。
 オーナーが自分の船の性能と航行の目的・海域により自己責任で判断
して、より安価で性能の良い備品を艇に積みこむべきです。国の押し付け
判断はかえってそれの阻害となったり、オーナーの油断と誤認識を助長し
てしまいます。辛抱さんが船検で押し付けられていた備品によるのではなく、
自分で決めた備品に助けられたといえる状況が来るのが待ち望められます。
辛抱さんジャナーリスト魂よみがえれ!

 注、 イーパブ  非常用救助要請自動無線装置
     VHF  双方向無線装置 16チャンネルはすべての商船は常時
                     受信できる便利なもの
   JG  国土交通省が行う大型船の検査、 JCI ボートの検査機関
     無線器具は総務省の管轄です

       2013-12-25


 ヨットクルージング関係は  http://gby.sblo.jp/ 左記専用サイトまで  


  







    ; 電波料と電波の有効利用   


; ;
負担割合 朝日新聞より

 海上特殊無線技士の2級を持っています。ペーパードライバーですので、
この資格を運用した記憶がありません。本船の航海士をしているときには
衝突予防や連絡にVHFを使っていましたがその時にはこの免許を持って
いませんでした。職業船員を辞してから輸入代行業をやりだしてから取り
ました。船の免許も遠洋航路の5千トンの船長ができる資格があったけど、
20トン未満の小型船にはその免許では乗れませんでした。仕方なく後で
ボート免許1級をとりました。不合理な免許制度でしたね。
 こんどブログにVHFのことを書くのに調べていると、VHFの開局には年
に400円の電波料を払う必要があります。それで電波料のことを知ったわ
けです。このことを述するには程遠い知識ですけれど述べてみます。
  2月15日の朝日新聞報道で電波利用料の見直し報道があります。携帯
会社の負担を軽減して、スマートメーターの利用を普及させるように直すよ
うです。 770億円 の税収があり300億円を難視聴対策にあてられている。
これも通常予算ではなく総務省が使い方を特定できる財源なのでしょうか?
1000兆円の負債があるなかで、携帯電話の電波料は今は携帯会社が負
担して納税しています。スマートフォンでは結構なパケット料金を払います。
個人負担の400-500円の電波料を納税してもらってもいいでしょう。もち
ろん通常予算に使う税金です。
 テレビや衛星放送でショップチャンネルの多さに驚きです。通常放送の番
組のなかでもショップ専用番組が目につきます。地デジになり各放送局も衛
星番組を持つようになり、番組製作を持て余しているような印象です。(電波
の無駄使いのような番組がありますね)放送局は安易に収入増に続がるシ
ョップ番組に逃げているのでしょう。大幅な電波・周波数の整理を望みます。
今回の震災で罹災市町村から県への連絡が途絶えました。そのためには
電波を整理して携帯会社に衛星電話や通常の携帯周波数を増やしてのも
有益です。
 電波の有効利用と財源化を再考したらどうでしょうか?
 . 

   2014-2-19


   ヨットクルージング関係は  http://gby.sblo.jp/ 左記専用サイトまで 


  拉致国連報告とヨット






   ; ヨット・ボートと船位 1 地文航法     



   
 
                  

 現在はGPSとチャートプロッターを持たないヨット・ボートオーナーはい
ませんと言っていいような状況になってきました。従いクルーズでもチャ
ート・海図を持たないで出かける人をみかけるようになってきました。
バックアップはそうなると必需品ですが、そこまでの配慮は欠けているよ
うに思います。電気系統が故障したらと考えるのが良いキャプテインです。
原発の外部電源喪失と同じなのですが。
 プロでも地文航法の技術が落ちまくり状況は十分に想像できます。
30年前でも昼は地文航法だけで船位がでますが、ずるしてレーダーを
使用して船位をだすようになっていました。
 小生が北海道周航をした36年ほど前ではもちろんGPSのGの字もなく、
ハンドコンパスのみが船位を得る手段でした。
 無線方向探知機は一方向の方位の精度は使えます。現在でも航空機
は飛行場からだす電波に導かれてそれに接近する手段で有効に使用さ
れています。しかし多方向からそれで無線方位を複数得て、組み合わせ
て船位をだすには誤差が多すぎて使用十分ではありませんでした。
おまけに北の霧多発地帯突入で、船首さえ見えなくなり、地文航法は陸
地が見えないので成り立ちません。高価なレーダーを見てツバを飲み込
んだものです。
進歩のないオールドセーラーの老生は売るのが商売ですが、未だに最新
の航海計器には追いつけない情けない状況です。 

            2014-3-14


   ヨットクルージング関係は  http://gby.sblo.jp/ 左記専用サイトまで 

 








   ; ヨット・ボートと船位 2 天文航法  ヨットKH法天測      






                      
                    セキスタント・六分儀

 日本周航を終えて10年ほど過ぎ、大西洋を横断する機会がありました。
まだGPSは普及しておらず、その前段階のサテライトナビゲーターの時代
でした。衛星が通過する時間の問題がありましたが、条件が良ければ緯度
経度が分り、天測よりは精度が高いものでした。天測は太陽・星・明瞭な水
平線が必須で、天気が曇・雨では使用できません。
 本船では今では六分儀は発煙筒と同じレベルの安全備品に貶められた
ことでしょうね。
若い航海士は理屈のみで使えなくなっていることでしょう。アナログのもの
は理屈だけでは実用になりません。練習して習熟する必要があります。
 今となっては太陽横断中の暇つぶしの楽しいリクレーションとなり、天測で
得た船位はすぐにもGPSで検証できるものになりました。

 小生が遺物となったヨット天測法をまとめました。

  1.  KH法 ヨット天測法 マニュアル        tensoku.doc 

  2.  KH法 ヨット天測法 エクセル使用      tensokuexel.xlsm

 15年以上前に自作したKH法ですが、久しぶりに開いて見てみますと、天測
をしなくなって20年以上たちますので、作った当人が忘れています。当人
がやるにも2-3日しないと思い出せないでしょう。ご参考までにご利用くだ
さい。

      ヨット天測のページへ

 ヨットクルージング関係は  http://gby.sblo.jp/ 左記専用サイトまで 

    2014-3-22



  地中海クルーズ

  EC加入前のなつかしきスペイン






  
  いつまでもクルーズは続かない


 まだバブルの後でもその影響が残っている時代がありました。南太平洋にあるヨットを
お世話しました。現地でヨットを受取り、ロングに出発です。途中で日本に良い話がある
ぞと耳にして、1年で日本に廻航して帰られました。でも日本に着いた頃にはそに話は立
ち消えでした。その後はまた行きたいと話されますが、まだ行けておりません。 人生の
中でそう何度もロングに行けるわけではありません。行くも帰るもタイミングは大事だと思
います。


 欧州でヨットに乗っていたので、西欧人のヨッテイには随分とめぐり合いました。社会の
状況が違うのでしょう。日本人の悲壮とまで言いませんが、かなりの決意で出かける日
本人との違いを、彼らに感じました。

 日本ではバカンスを実現できないまま衰退を始めてしまいました。 それを利用して普
段より長めのクルーズを楽しむことはできません。 週末セーリングかロングクルージン
グの選択になります。またいったん会社を辞めると、それ以上の会社に就けるのは難し
い状況です。  今では、ひょっとすると帰ってきて、派遣しかないかなどと心配してしま
います。スキルのお持ちの方はそうでは無いでしょうけれど。

 彼らを見ているとクルーズ中にあかちゃんを生んだり、ほんの小さな子供もつれてクル
ーズしています。 フランス人はカリブにも南太平洋にも海外県はあり、仕事を探すことも
容易で、休み休みのクルーズも出きるのでうらやましい環境です。

 小生は若いころにヨットを持つのに必死で、他のことは考えられませんでした。しがな
い下級船員でしたので貯めることばかり考えていました。

 しかし自分で立ち上げた事業で成功されて、余裕でヨットをお買いになるお客様もおら
れます。それも難しいことですが、人生のひとつの選択肢ではあると気が付かされまし
た。


 どこかで区切りをつけて出発しないと、行けないのも事実でしょう。出かけたのなら、存
分に楽しんで帰ってくるべきでしょう。途中で悩まないで。楽しんだ後ならその後のこと
は、その後のことです!

 そこで武道は役立ちますよと、ここで述べたことがあります。小生はからきしそれはで
きませんが。

   
  ボンボヤージ!  ビエンビアッヘ!

   2014-12-3









   ヨットマンの究極の選択  
 

 きゃびん夜話でおなじみの田辺英蔵さんの44fのヨット・ISISを1989年にお世話した
のが佐野と仕事を始めた最初です。ドイツ人のご夫妻が定年後に地中海で暮らすべく、
造船所に通い清掃の手伝いなどしながら、丹精をこめてオランダで作った、今考えても
作りの良い素敵なヨットでした。

 オーナーがそれを手離すことになった理由は、ヨットマンの究極の選択である、私を取
るの?それともヨット? この大問題をオーナーは突き付けられたことになります。

 日本のようなサラリーマンの職場環境では、休日はたまにしかない人かまた幸いに週
休2日の人でも、それをヨットレースやマリーナ泊に使ってしまえば、奥さんがいずれ怒り
だすでしょう。ヨットマンならいずれ問題になりますね。日頃からご夫妻で楽しんでおられ
る方には問題なしですけれど。


 サラリーマンがヨットオーナーになるには、金銭的にも時間的にも難しい状況です。そ
れでオーナー経営者か熟年になった方がヨットオーナーになる傾向です。かって若い人
にはクルー制度で、よいオーナーにめぐりあわせれば、徒弟的ではあるが良いヨットマ
ンに成長していけることもありました。

 時代と伴にそれを嫌うようになって来てあまり耳にしなくなりました。クルーが集まらな
いとオーナーは嘆いています。欧米でもクルーザーに乗っている層は熟年になります
ね。それはスポーツでは無いのですから歳を重ねてもできます。楽しめます。選択を突
き付けられないようにしたいものです。


   2014-12-6








   

 ;  37年前の日本周航  

   アナログ時代のオールドクルーズ







           
                 愛艇 速魚

 トトトトトツウー トトトトトツー (短短短短短長・繰り返し音)と
聞かれてお分かりになる人は珍しくなりました。無線のモールス
信号ですが、無線通信ではありません。36年ほど前には今の
ようなGPSのない時代でした。日本の沿岸の主要な地点に無線
方向探知局が設置されていました。それには誤差はあるけど、
その局からの無線の方向性を利用して船位をさぐる手段として
利用しました。計器で局からの方位を得て、その方位に針路を
とることで母港に帰る航法施設です。霧のときには役立つ手段
です。トトトツーの個別の音の違いでその場所が灯台表で特定で
きました。

                                 
                                           



                        

                 上にあるネズミ色も計器がKODEN製 無線方向探知機




 愛艇速魚(22フィートヨット)で北海道羅臼港を早朝に出て、途中の
野付半島で駐在さんらしき警察官に漁船で接触をうけました。こちらは
国後島が目と鼻の先にみえる海ですので、ソ連に拿捕されるのがイヤ
で日本に近い岸を航行して、船尾に日の丸を掲げていました。日本船
籍の船には国旗を掲げる法的義務があるはずなのに、その時は国旗
を下げろとの命令です。そして根室に行く予定と警察官に報告しました。 
というのはその数日前に日本の国旗を持って泳いで、北方領土返還
を訴える事件が発生したからでした。それで国旗を下げることと行先
の報告を求められました。 
 その直後から北海道の夏の濃霧になりました。根室をめざしましたが
皆目見えないので分らず、とうとう犬の鳴き声とバイクの音が聞こえて
きました。海岸に近い様子です。幸い定置網のロープが見えましたので、
それに係留して朝まで待機しました。朝になって霧が晴れていて見ると
岸のすぐ近くでした。その日は温根元漁港に着岸しました。翌日はノサッ
プ岬を回ってオホーツク海より太平洋に入ることになります。その漁港で
も保安庁が探しに訪問を受けました。根室に着かないので探していたよ
うでした。ノッサップ岬を回るときには巡視艇が出動して沖を並走してくれ
ました。その日は落石に停泊です。濃霧が何日も続き待機です。でも港工
事の人々にお風呂やら食事やらお世話になり、おまけに摩周湖までドライ
ブで案内してくれました。クルーズ中はいろんな方に親切にしていただき
ありがたいものです。景色もそうですがクルーズ中は人との触れ合いが
楽しいものになります。
 霧がはれて何日ぶりに出港しました。航行中にエンジンが変な音がした
ので機関を停止させ、船底を覗いてみると浮遊ロープがプロペラにから
まったようです。水泳パンツと半袖の下着をつけてナイフを持ちカットに潜
ることになりました。夏とはいえ寒流の水温は冷たかったなあと今でもその
時の肌に感じた温度が思い出されるくらいです。そのあとでまた濃霧にな
り見えなくなりました。そこで書き出しになります。花咲港の沖出し灯標の
識別信号を確認してそれに向かって針路をとりました。岬の崖の波音をき
きかすかに見えながら構内に入り無事に花咲港入港できました。グーグル
マップで確認してみますと現在は外防波堤が新設されていて、当時それが
あれば恐らくぶつかっていたでしょう。余裕を持った気長にクルーズしなけれ
ば事故ともとです。振り返れば無謀であったなあと思います。
 小型レーダーは当時でもありました。地元の小さな漁船でも現地事情で必
須のものとして取り付けています。でも8馬力のデイゼールでは電気関係の
問題で小型ヨットに取り付けは無理でした。予算的にもダメでしたが。それ
以来あこがれの老生のヨット航海備品となりました。クルーズ中の中での
知床半島を回ってから納沙布岬から釧路までの出来事です。



 クルーズスタート
 
 九州東岸を北上

 日向市  宮崎県
 保戸島  大分県
 門司港
               関門海峡通過
               

 日本海に入り本州を北上

 南風泊 下関市
 温泉津 島根県
 境港 島根県
 小浜 京都府
 三国市 福井県
 輪島  石川県 
               能登半島 禄剛崎灯台  石川県
               
 柏崎 新潟県
 新潟市 
 秋田市
 鰺ヶ沢 青森県

 津軽海峡を越え北海道1周へ

 松前町 北海道
 瀬棚町 北海道
 小樽市
 増毛町 北海道
 礼文島 北海道
 稚内市
 枝幸町 北海道
 常呂町  北海道
 ウトロ 
                     知床半島を廻る
                   
 羅臼  北海道
 温根元 北海道
 落石  北海道
 花咲 北海道
 釧路
 襟裳
 苫小牧
 登別  北海道
 椴法華 北海道

 北海道を終え本州太平洋岸

 八戸市  青森県
 綾里 岩手県
 石巻市 宮城県

 クルーズ終える

  




   ヨット天測のページへ

   ヨットクルージング関係は  http://gby.sblo.jp/ 左記専用サイトまで 

   瀬戸内・九州ヨットクル−ズ
           







   小型船事故とマスコミ報道  

   下記は揚陸艦おおすみと釣り船の事故についての運輸安全委員会報告
   が公表されたことについての2015年2月10日朝日新聞

   



委員会報告では釣船が衝突直前に右転したと推測して公表しています。工藤・本田さ
ん両名の署名記事には海上技術安全研究所の田村さんの見解としてAIS・記録装置
を500トン以下の船や釣船に設置を広めるべきということを載せています。現在でも沿
海航行の12m以上の小型船舶にはトランスポンダーというレーダーに反応して送り返
す装置が義務つけられています。これにAISを載せるとなるとさらに40-50万の出費
を余儀なきさせられます。とんでもないことです。


 先にマレーシア航空が豪州沖に失踪しましたが、旅客機さえ位置を特定する装置を
積んでいません。事故に便乗してその都度に余計な装備品を積まされることになりま
す。

 ボートオーナ−にとってはトータルで、ボート価格より高価な安全備品を大量に積んで
航走することになります。


 規制をかけたいお役人と仲良しの記者さんの記事とはいいませんが、もっと実情を取
材して記事にしてほしいものです。もしこの規制ができても12m以上に適用となり、 今
回の釣船のような5トン以下12m以下の船には適用にならないので実質的な意味は
ありません。ドライブレコーダーは安くなりましたがマイカーにこれを義務つけるには反
対が多いことだと思います。航海計器のメーカーへの天下りが容易になる効果はある
でしょう。



  おおすみ事故のページ



   2015-2-28










       富裕層の責務  

     
 

 塩野七海さんは最初の西欧行が、ブランドのレポート記事を書くことで渡欧されたと
読んだ記憶があります。確かにオシャレですね。また彼女がブランドものをバーゲンセ
ールで買ってきて、ほくそえんでいると、メードさんからマダムはそんなことをするもので
はありませんとたしなめられます。


 ヤンキースの田中投手の関連報道で、奥さん連中が応援に球場に行く際にはジーパ
ンにTシャツ姿では怒られるのだそうです。フアンの夢をこわすようなことをしてはいけ
ない。里田まいさんもご注意ください。


 マイクロソフトのビル・ゲーツは最近の報道では会長を辞めるようです。彼のラフなス
タイルは有名です。けれど1兆円余りの寄付をしています。

 欧米ではマリーナで短パンのラフなスタイルのおじさんやら老人がメガヨットのオーナ
ーだったりします。日本ではこれ見よがしのマリンスタイルの大型ボートのオーナーが
顕示して歩いていたりしますが、あちらでは見かけません。だんだん話がそれてきまし
たが、あちらのステータスのある人々にはヨット・ボートの所有は当たり前です。


 日本に成金文化はあっても、富裕層にはそれなりの生活をしなければならないのが
西欧の文化・責務です。


 日本の富裕層もベンツやロールスロイスはもちろんですが、メガヨットを購入してあち
らのセレブと艇のことやクルーズのことを話題にできないようでは、人文的な教養のな
い人だと思われ自分のビジネスも発展させられません。実際あちらのメガヨットのオー
ナーでも専属クルーを10何人も雇入ますが、年にほんの少ししか利用しない現実もあ
ります。


 最後にだから小生が艇もメンテもお世話しますと言ってしまうと、これまでの書いたこ
とを台無しにしますね。この責務のないお気楽な老生でした。


    2014-10-18









         低欲望社会とヨット

   

   


 大前研一さんの低欲望社会(小学館)を読みました。 アベノミスクを続けていくとハイ
パーインフレになり財政破たんは避けられないと述べられています。 若者は高級車を
欲しがって、モテタイという欲望がなくなり、また、最低のローンを借りて投資や家を建
てようとするものも居ない世の中になってしまった。


 個人と企業合わせて2000兆円ものお金が死に金になっているという状態です。この
ような事態は世界史的にも稀で、20世紀を支配してきた現在の経済学手法を日本に
適用しても問題は解決しないということです。 ご興味のあるかたはお読みください。



 そこでの解決策のひとつに、マリンレジャーについて語られています。

 中高年の消費を拡大する有効な手段として、すでにインフラ投資が終わっている漁港
を活用して、舟遊びや釣りなどマリンレジャーに連れ出すことだ。世界最多の3000もの
漁港がある。多くが税金で建設され漁民が占有している。ヨット・ボートで自由に立ち寄
る漁港はごくわずかである。欧米ではすべての港が解放され高齢者が孫や子供と楽し
んでいる。そこに食事や観光でお金が落ちることになる。年間2−3万円で最寄りの漁
港に船が置けて、全国の漁港に自由に寄港・停泊できるようになれば、余裕のある高
齢者が食指を動かすであろう。アベノミクスより行動的なアクテイブシニアの大人の消
費を刺激したほうが、よほど有効である。


 財政破たんに備えるには、金や外貨の現ナマを自宅に持つ必要がありますが、その
状況を避けるために、ヨット・ボートを楽しめる環境ができるのが、もっと大事なことで
す。  ひとりよがり?


               2015-10-23










       終活・克のヨット    

  

       
           速魚U


 人生終わりのための活動・克動としてヨットを購入しました。 速魚Uの誕生です。
ほぼ2年前に左肩脱臼骨折をして、まだリハビリ中です。左手が90度近くしか上がりま
せん。半ば障害をかかえたようなものです。 はたして一人で70歳近くの爺にヨットが操
船できるのかと疑問ですが、それゆえに、もう乗れなくなるのではとの怖れも強く、それ
だから購入を後押ししたようなものです。



      速魚U  要目

     ヤマハ31 フェスタ
     全長 9.45m
     幅   2.86m
     喫水 1.83m
     重量 2.31トン
     機関 ヤンマ−2GM  18馬力
     総トン数  4.1トン
     製造 1995年

  最初の速魚はロングキールのモーターセーラータイプの22fクルージング艇でした。
           
             速魚

2隻目のPING906はサンコ−スト52でこれもロングキ−ルのステイ−ルハルの52fケッ
チです。

                  
                    PING906

3隻目の速魚Uはロ−カルレ−サ−タイプで細身のセ−リングを楽しめる31fのヨットで
す。今までとはタイプが違います。大洋を横断しようとか、嵐に耐えるヨット、ウッデイな
内装を楽しむヨットとは違います。 セ−リングを楽しみながら午後3時には港に入り、
寄港地を楽しむ日本沿海用のヨットのつもりです。


  友人から両足の無い人でもヨットに乗っている人がいると元気つけられひと安心と
いったところです。 3月末から香川県において楽しみ、そのご九州に向かうつもりで
す。 ひとまずご報告申し上げます。


    2016-2-4










    地方でヨットを持つ    

   


           


  40年前に初めてクル−ザ−を手にしてから、一度も京浜地区のマリ−ナにヨットを
置いたことはありません。デインギ−は三浦海岸に置いたことはあります。 普通のサ
ラリ−マンでは共同所有にしないかぎり無理です。


 船乗りを辞めたあとから輸入代行を細々とやっていますが、やはりヨットは関西が本
場だと思わされます。80f以上の大型ヨットを2隻お世話しましたが、いずれも関西のお
客様です。10年ほど前に、そのお客様の案内で泊地を見てみましたが、なんと100fくら
いのボ−トのデッキにヘリコプタ−が積んでいます。他にも大型ボ−トが勢ぞろいして
いました。関東では最近少し見かけるようにはなりましたが、まだまだです。


  今度、人生の最後を締めるべき小さな中古ヨットを購入しましたが、しばらくは香川
県に置くことになりました。半年契約でマリ−ナ代が12−3万です。年金暮らしでも維
持可能です。 これが関東なら100万ほどかかるでしょう。 とてもサラリ−マンには手
に負えないわけです。 おまけに瀬戸内の島々が近くにあるロケ−ションが最高です。
現地へ行く費用もLCCとシルバ−割引を利用すれば新幹線の1/2-1/3でお安く行けま
す。 バカ高いマリ−ナ費用を払うのはやめて地方へヨットを置くことを考えてはいかが
でしょうか?



       2016-3-27










     ヨットのための海の駅  準備中

  

  ヨットのための海の駅をまとめてみました。

  よい海の駅の5条件

 1. 宿泊費が安いこと 2000円 より安いこと、ホテルが5000円もすればよいとこ 
   ろに泊まれるので4000円もとるところは論外です。

 2. お風呂屋や温泉があるところがベスト、シャワ−やコインランドリ−もほしいです。
 3. 給油・給水・電気があればなお良い。
 4. 応急修理も必要な時がありそう
 5. ス−パ−で食料・日用品が買えること、 船用品が買えるならなお良い。
 
 艇長・水深・スペ−スに制限がありますので、事前にチェックしてください。



1. 瀬戸内   四国  兵庫  九州
広島・五日市 082-943-7760





広島・かんおん 082-234-7710





広島・能美島 0823-45-2335 30fまで




広島・倉橋島 0823-53-2575





広島・大崎上島
 ゆたか
0823-67-2377





広島・やすうら 0823-84-6622





広島・竹原 0846-24-6100 要予約




広島・三原 0848-67-6108





広島・尾道 0848-23-2111 40f要相談




広島・福山内海 084-986-3100





岡山・玉野 0863-21-3486 要予約




岡山・牛窓 0869-34-5500 要予約




香川・小豆島
 ふるさと村
0879-75-2266





香川・仁尾 0875-82-3231





愛媛・新居浜 0897-46-5636





愛媛・松山堀江 089-951-2148





愛媛・今治 0898-22-4120





愛媛・愛南 0895-70-4015 要予約




愛媛・大三島 0897-82-0500





愛媛・上島町 0897-75-2500





愛媛・弓削 0897-77-2500





兵庫・室津 079-324-0907 要予約




兵庫・木場 079-246-3928





兵庫・淡路市湊 0799-36-4488






















     セルフマリ−ナ

  

 セルスタンドで自動車に給油するのにやっと慣れたといたところですが、地方のマリ
−ナではほとんどセルマリ−ナというところまで省力化・合理化されていました。


 就活・克ヨットでマリ−ナに陸置きすることになりました。費用の安いのは大歓迎で
す。そのおかげで豊かでもない老人がヨットをもつことができました。だからかもしれま
せんが、現在利用しているマリ−ナはスタッフがワンマンでほとんど運用しています。

オ−ナ−は陸置きしている自分のヨットを電動の移動リフタ−を使い船台を持ち上げ
てクレ-ンのある場所まで自分で引きながら移動させます。つり上げつり下しはもちろんス
タッフの専任作業ですが。 牽引の免許がいるのではないかとそれまでの移動には慣
れが必要です。バックさせて定位置にもっていくのには一苦労しています。


 隣のヨットは昨年の台風で倒れてマストが折れハルにも穴があきました。いまだに修
理中です。 人数がすくないので、台風でも自分で準備をしなければならず、気を使は
なければなりません。応急的な処置が期待できないからです。


 ここまでに、いきつくところまで合理化がすすんでいるとは予想外でした。慣れればよ
いことですが、そのようだと知っておくべきでしょう。


 スタッフは人が好い良い人です。


  
   ここのクレーンまで運ぶ


   
    上げ下ろしは5400円 スタッフが操作します




   
    電動移動リフタ-を自分で操作します



  
  固縛ラッシングは自分でする


    2016-5-6









   デイセーラーより就活・克ヨットへの改造
          









     瀬戸内・九州ヨットクル−ズ
           

         太陽がいっぱい

   ヨット天測のページへ

  ヨットクルージング関係は  http://gby.sblo.jp/ 左記専用サイトまで 


   Donさんの白地情報
   http://www.donsaigou.com/hakutikouro.html






 


ボート










 ; 愛艇 速魚 建造記    準備中

             


   ; オールドセーラーの夢と航海       準備中

     


ボート